培養皮ふ治療と他の美容法との違いは?

培養皮ふ治療の大きな特徴

肌の老化の根本原因は3大要素(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸)を生成する真皮線維芽細胞の減少です。線維芽細胞を補充し、根本的な治療を施すという点は他の治療法にはない培養皮ふ治療(肌の再生医療)の大きな特徴です。

線維芽細胞
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸
加齢等により皮ふが薄くなり、しわやたるみが生じている肌の根本治療

他の美容法との違い一覧表

培養皮ふ治療(肌の再生医療)と他の美容法との違いを一覧表にしました。詳しくお知りになりたい方は詳細内容欄より詳しい比較ページをご覧ください。

治療・美容法 持続期間 メリット デメリット 詳細内容
培養皮ふ治療(肌の再生医療) 根本治療 老化症状を根本から治療し、効果が自然。 専門施設が必要で、細胞保管費用が発生。
フェイスリフト 5〜10年 顔全体のたるみを改善、若返り効果が高い。 傷跡が残る。
神経損傷のリスクあり。
脂肪注入 5年程度 自身の脂肪を使うため、拒絶反応は起こらない。 注入し、生着した脂肪は取り出せない。
ヒアルロン酸注入 半年〜1年 手軽で即効性があり、失敗しても溶かして戻る。 持続期間が短い。内出血が起こりやすい。
PRP療法 ※半年〜1年 自分の血小板なのでアレルギーの心配がない。 一時的な刺激で長持ちしない。

※  添加物を使用した場合は持続期間が1〜3年となりますが、しこりが残る被害が報告されています。

肌のお悩み解消には医師へ
直接相談するのがおすすめ

専門医がいるクリニック検索

医師が監修した設問8つに
回答して肌の状態チェック

肌細胞の衰えをセルフチェック

治療のことをもっと詳しく
医師にメール相談したい方

資料請求・治療のお問い合わせ
このページの上へ