培養皮ふ治療とPRP療法の違いは?

PRP療法とは?

血液を採取し、採取した血液を遠心分離機にかけると、血球と血漿に分離します。分離した血漿の下の部分には多く血小板が存在し、その部分を「PRP(多血小板血漿)」と言います。PRP療法とはこのPRPを注射器を使って目的の部位に注入をする治療法です。
PRPを注入することで細胞を一時的に活性化させて、コラーゲン等を作りださせることでしわやたるみを改善することができます。
PRP療法は今ある細胞を一時的に働かせる治療法であるのに対し、培養皮ふ治療(肌の再生医療)は細胞の数自体を増やす根本的な治療という点で違いがあります。さらに「細胞は日々、減少していく」ということがポイントです。

成長因子→肌細胞→コラーゲン、ヒアルロン酸など
血小板のはたらき 様々な成長因子を出して傷を治す

成長因子について

名前

そのはたらき

FGF

組織を修復、コラーゲンを産生する、ヒアルロン酸を産生する。

PDGF

細胞増殖、血管の新生・修復、コラーゲンを産生する。

EGF

上皮細胞の成長促進、血管再生、創傷治癒を促進

VEGF

血管内皮細胞の増殖・新生

TGF-β

上皮細胞・血管内皮細胞の増殖・新生、創傷治癒を促進

PRP療法のメリット・デメリット

培養皮ふ治療(肌の再生医療)と比較した場合のメリット・デメリットをまとめました。

PRP療法のメリット・デメリット
自分の血小板なのでアレルギーがない
掛かる費用が施術費用のみ
治療できるクリニックが多い
細胞が若返るわけではない
一時的な刺激なので、作られたコラーゲン等は代謝されればなくなる
治療の種類が多くて複雑
フェイスリフトのメリット・デメリット
培養皮ふ治療のメリット・デメリット
紫外線の影響を受けていない(衰えの少ない)細胞を増やす
「効果がどのくらい続くか」というものではなく、肌を根本から治療する
移植に使うものは細胞のみでわかりやすい
細胞を保管する費用が掛かる
専用の施設が必要で、まだ治療できるクリニックが限られる
PRP療法のメリット・デメリット

肌のお悩み解消には医師へ
直接相談するのがおすすめ

専門医がいるクリニック検索

医師が監修した設問8つに
回答して肌の状態チェック

肌細胞の衰えをセルフチェック

治療のことをもっと詳しく
医師にメール相談したい方

資料請求・治療のお問い合わせ
このページの上へ