額(ひたい)・おでこのシワを改善するには?

額(ひたい)、おでこのシワの原因

額(ひたい)、おでこのシワは表情ジワと呼ばれ、表情筋のひとつである「前頭筋」の働きによって肌が折れ曲がったり伸びたりを繰り返します。
表情ジワは顔の表情を作る際に出来る必要なシワですが、若い頃は肌にハリ(弾力)があり、肌が折れ曲がっても痕にならずに戻るので、シワとして目立ちにくいのですが、加齢により肌のハリ(弾力)が失われると、折れ曲がった部分が元に戻りきらずに痕となり、それを繰り返すことで深いシワとして刻まれていきます。

おでこに限らずシワは、深く刻まれてしまうと、なかなか消すことは難しいので、シワを深く刻みこむ前の早めの対策がお勧めです。

脆くなったコラーゲンが壊れ、元に戻りきらなくなる

培養皮ふ治療(肌の再生医療)は2つの効果で肌の老化の根本を治療します。

老化した肌の機能改善

老化により失われた肌のハリは、真皮線維芽細胞を増やす事で改善出来ます。
肌のハリの元となる、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンは、真皮線維芽細胞によって作り出されます。
培養皮ふ治療(肌の再生医療)は、ご自身から採取した少量の皮膚片から、真皮線維芽細胞を取り出し、専門施設で培養・増殖させ、ハリや潤いが失われ老化してしまった真皮層に移植する事で、真皮線維芽細胞の数を増やし肌の老化を改善させる治療法です。

培養皮ふ治療の仕組み

肌の老化予防

肌の老化は、ストレスや紫外線(光老化)・乾燥・喫煙等により本来の老化速度よりも早く進行してしまいます。
培養皮ふ治療(肌の再生医療)は、真皮線維芽細胞を移植する事で、肌のハリを改善し老化速度を遅らせます。
しかし、移植した細胞も数年経過すると減少していきます。 減少していく細胞を、定期的な移植により補充する事で理想の肌の老化速度へ近づけます。

培養皮ふ治療を行った際の肌細胞数の推移

肌のお悩み解消には医師へ
直接相談するのがおすすめ

専門医がいるクリニック検索

医師が監修した設問8つに
回答して肌の状態チェック

肌細胞の衰えをセルフチェック

治療のことをもっと詳しく
医師にメール相談したい方

資料請求・治療のお問い合わせ
このページの上へ