こめかみのくぼみを改善するには?

こめかみのくぼみは何故できる?

年齢とともに、こめかみがくぼんできます。
こめかみのくぼみの原因は、年齢による肌の緩みと脂肪の減少により、骨格に沿って肌が落ち込みくぼみが目立つようになることです。
若い頃は、顔の脂肪というと減らしたいだとか、小顔になりたいと思いダイエット等をしたのではと思いますが、年齢を重ねるとおなか周りやあごの下など付いてほしくない部分には脂肪が付きやすく、「ひたい」「こめかみ」「目のまわり」等、減ってほしくない部分の脂肪がどんどん減ってきてしまいます。
その為、顔全体が痩せ「まぶたのくぼみ」、「ほほのコケ」等の様々な変化に繋がります。
こめかみやまぶたがくぼむと、くぼみ部分に影を作り老けた印象につながります。

顔が痩せると、骨格に沿って肌が落ち込みます。

こめかみのくぼみを改善する方法

くぼみを盛り上げて改善

減ってしまった脂肪は、太ることで取り戻すことが出来ますが、おなか周り等の自分の望まない部分にも脂肪が付いてしまします。
脂肪の減少によりくぼんでしまった部分だけを盛り上げるには、美容整形により脂肪やヒアルロン酸を注入したり、シリコンを入れるなど、外的に異物を入れるほかありません。

くぼみを盛り上げる

肌のハリを取り戻して改善

くぼみを盛り上げる以外に改善する方法として、培養皮ふ治療で肌の緩みを改善して肌のハリや厚みを取り戻す事が出来ます。
肌がハリや厚みを取り戻すと、骨格に沿って落ち込んでる肌がピンと張る事でくぼみを改善します。

肌にハリを取り戻す

肌のハリや潤いを取り戻すには?

「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「エラスチン」は、真皮線維芽細胞により作り出され、肌にハリや潤いを作る大切な役割を持っています。
しかし、「加齢」による減少と「ストレス」、「紫外線」、「乾燥」、「喫煙」などによるダメージで、肌にハリや潤いを保つ力が徐々に失われていきます。
若い頃は、真皮線維芽細胞の量も多く働きも活発なので、ダメージを受けた「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「エラスチン」をどんどん修復していくので、肌はハリや潤いを失わずに若々しく保たれますが、年齢を重ねると真皮線維芽細胞の量も減って行き働きも衰えていくので十分な量を作り出せずに肌のハリや潤いが失われていきます。
働きの衰えた線維芽細胞に、刺激を与え活発に働かせる治療法もありますが、量が減ってしまった細胞を無理に働かせても、一時的な効果しか期待できません。
培養皮ふ治療(肌の再生医療)は、ご自身から採取した少量の皮膚片から、真皮線維芽細胞を取り出し、専門施設で培養・増殖させ、ハリや潤いが失われ老化してしまった真皮層に移植する事で、真皮線維芽細胞の数を増やし、肌の老化を改善させる治療法です。

ハリを作り出す真皮線維芽細胞が、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンを作り出します。

肌のお悩み解消には医師へ
直接相談するのがおすすめ

専門医がいるクリニック検索

医師が監修した設問8つに
回答して肌の状態チェック

肌細胞の衰えをセルフチェック
このページの上へ