まぶたのくぼみ、シワを改善するには?

なぜ、年を取るとまぶたがくぼむ?

目のまわりには、眼球を包むように脂肪(眼窩内脂肪)があり外的な衝撃から眼球を守っています。
しかし、年齢とともに脂肪を支える筋肉(眼輪筋)や肌のハリがが衰える事で、眼球を包み込んでいる脂肪(眼窩内脂肪)が、重力により下方に移動することで、上まぶたにくぼみが出来、目の下にはたるみが出来ます。

まぶたのくぼみ、目の下のたるみ

まぶたのシワは何故できる?

目元は、他の部位に比べ皮膚が薄い部分です。皮膚が薄いと肌のハリや潤いの元となる、「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」の量も少なく、老化による減少がシワとして目立ちやすくなります。ハリや潤いが減った状態では、まぶたを動かす際に、肌が折れ曲ります。若い頃のハリや潤いのある肌なら、皺にならずに元に戻りますが、老化した肌では徐々にシワという形で折れ目が残ってしまいます。

まぶたのシワ

まぶたのくぼみとシワを改善するには?

肌は、表皮層と真皮層から出来ており、真皮層にある真皮線維芽細胞という細胞が、肌のハリや潤いの元となる、「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」を作り出しています。
しかし、年齢を重ねると真皮線維芽細胞も数が減っていき、十分な量のヒアルロン酸等を作り出せなくなる事で、肌のハリや潤いが失われていき「シワ」が出来やすく成ったり、「くぼみ」「たるみ」の原因となる皮下組織を押さえる力が弱くなります。
培養皮ふ治療(肌の再生医療)は、ご自身から採取した少量の皮膚片から、真皮線維芽細胞を取り出し、専門施設で培養・増殖させ、ハリや潤いが失われ老化してしまった真皮層に移植する事で、真皮線維芽細胞の数を増やし肌の老化を改善させる治療法です。

肌のお悩み解消には医師へ
直接相談するのがおすすめ

専門医がいるクリニック検索

医師が監修した設問8つに
回答して肌の状態チェック

肌細胞の衰えをセルフチェック

治療のことをもっと詳しく
医師にメール相談したい方

資料請求・治療のお問い合わせ
このページの上へ