目尻のシワを改善するには?

目のまわりは何故シワが出来やすい?

目のまわりの肌は他の部位よりも薄く、肌の老化が表れやすい場所です。
通常の皮膚の厚みは、男性:2mm、女性:1mm程度ですが、目のまわりは0.5mm程度しかなく、紫外線(光老化)、乾燥、摩擦等による肌へのダメージが目立ちやすい場所です。

脆くなったコラーゲンが壊れ、元に戻りきらなくなる

肌が薄いとなぜシワが目立つ?

肌が厚い部位と、薄い部位では老化の現れ方にも差が出ます。
肌の厚みをティッシュと画用紙に例えると、ティッシュは薄くクシャクシャに折ると細かなシワに出来ますが、画用紙は厚くクシャクシャに曲げようとしても弾力があり、なかなか細かなシワにはなりません。
それは紙が薄いと、折れた曲がった時に元に戻ろうとする力が弱く、細かなシワとなって残ってしまいますが、厚みがあると折れ曲がりにくくシワになりにくい。
肌も同じように、薄いと折れ曲がりやすく、厚みがあると元に戻ろうとする力(肌のハリ)が強いのでシワになりにくくなります。

脆くなったコラーゲンが壊れ、元に戻りきらなくなる

目尻のシワには2種類ある?

ちりめんジワ・小ジワ

ちりめんジワ(小皺)は、肌のハリ(弾力)が失われることで出来る浅く細かいシワです。
特に肌の薄い目元等に出来やすく、肌の老化の象徴と言われ老けて見られる元となります。

目元にシワ・カラスの足跡(表情ジワ)

目元のシワは、表情の変化による筋肉の動きにより出来る溝の部分が折り目となり残ってしまう表情シワです。
表情ジワは赤ちゃんの頃から出来るシワですが、年齢とともに肌のハリ(弾力)が失われると、元に戻ろうとする力が弱くなり徐々に深くなっていきます。

脆くなったコラーゲンが壊れ、元に戻りきらなくなる

培養皮ふ治療(肌の再生医療)は2つの効果で肌の老化の根本を治療します。

老化した肌の機能改善

老化により失われた肌のハリは、真皮線維芽細胞を増やす事で改善出来ます。
肌のハリの元となる、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「エラスチン」は、真皮線維芽細胞によって作り出されます。
培養皮ふ治療(肌の再生医療)は、ご自身から採取した少量の皮膚片から、真皮線維芽細胞を取り出し、専門施設で培養・増殖させ、ハリや潤いが失われ老化してしまった真皮層に移植する事で、細胞の数を増やし肌のハリを取り戻す治療法です。

培養皮ふ治療の仕組み

肌の老化予防

肌の老化は、ストレスや紫外線(光老化)・乾燥・喫煙等により本来の老化速度よりも早く進行してしまいます。
培養皮ふ治療(肌の再生医療)は、真皮線維芽細胞を移植する事で、肌のハリを改善し老化速度を遅らせます。
しかし、移植した細胞も数年経過すると減少していきます。 減少していく細胞を、定期的な移植により補充する事で理想の肌の老化速度へ近づけます。

培養皮ふ治療を行った際の肌細胞数の推移

肌のお悩み解消には医師へ
直接相談するのがおすすめ

専門医がいるクリニック検索

医師が監修した設問8つに
回答して肌の状態チェック

肌細胞の衰えをセルフチェック
このページの上へ